営業時間・定休日
営業時間

9:00~18:30

 
定休日

ショールーム : 月曜日(但し、祝日・年末年始・GW・お盆期間はお休みを頂く場合がございます。)

 
電話番号

(ショールーム)025-285-6711(サービス)     025-283-8488

 
 
住所

〒950-0949

新潟県新潟市中央区桜木町4-8

※サービス工場の住所は異なります。店舗のご案内のページをご確認下さい。
リクルート

スタッフブログ

   
2010/05/15  ショールームダイアリー 
本職?第2話 
 
こんにちは。工場長です。<(__)> 

今回も引き続き大凧の出来るまでをお送りします。(^O^)/

まずは凧絵です。

和紙にスポンサー様の名前や大凧の「顔」とも言える凧絵を描いていきます。φ(.. )
本当は先回紹介した骨組みの前には凧の下書きは完成しています。(汗)








原寸大の凧絵の上に白い和紙を乗せてチョークや墨汁を薄めたもので書いていきます。

早い話が写し書きです(藁)

凧絵の下書きが終わると「OHP」でスポンサー様のデザインを投影して下書きをします。 

いよいよ、骨格と下書きを済ませた和紙を張り合わせます。


その前に「のり」を作ります。

業務用の「のり」をお湯で溶かして使います。




下書きが終わった紙を裏返して、その上に骨組みを置きます。






和紙のほうが骨格より大きく作ってあるので、すみっこは「骨」を巻くように糊ではります。
真ん中のほうは和紙を小さく切ったもの(カスベと言われるもの)で張っていきます。 

作業は素手で行う為、両手は糊でコーティングされます(*_*)

時には、服や靴下も糊でコーティングされます(;_;)

これで一まず凧の形になりましたp(^^)q

そして糊が乾いたら「色塗り」です。φ(.. )

薄い所から濃い色の順に進んでいきます(^O^)

塗り始めは紙が白いので陽の照り返しで毎年初の日焼けをします(^^ゞ
プラス、おめめチッカンチッカンになります(☆_☆)























色塗り完成です^^/

しかし、今年は・・・

後少しで完成ってところで・・・

突然の突風が・・・>< 




風に煽られて1枚が小破><;;

何と・・・

1枚が全損;><;

何とかその日の内に1枚は作り直して、小破の1枚はリペアして色塗りまで仕上げました^^;

本来は何日かかけて色を塗りますが、終わる頃には手はカメレオンのようにカラフルです
( ̄▽ ̄;) 

色塗りが終わるといよいよ凧を上げる為、一番の「肝」になる「ハナオ」の取り付け&調整に入ります。
「ハナオ?」って方の為に説明を(^^ゞ
おもちゃ屋さんや駄菓子屋さんに売っている凧に3~4本の「糸」が凧から出ていますがそれが「ハナオ」です(^O^)




大凧の場合は40本以上付いています。 




「ハナオ」は取り付けて束ねただけでは凧は上がりません。
買ってきた凧に「糸」を付けても綺麗に上がりませんよね?
それは「ハナオ」の調整が出来ていないからなのです。(ノ゜O゜)ノ
その調整で凧が上がった時の挙動が大きく変わります。( ̄▽ ̄;)

40本以上ある「ハナオ」を一列ずつ「定規(ハナオ立て専用の)」を使って調整していきます。











最後に「鼻緒」の先端を束ねて「鼻緒立て」終了!!

初めて「ハナオ立て」をした時は「無事に上がるか?」超ドキドキものです。(¨;) 

そして、「オンベ(凧の下に付けるシッポ)」と「ビンビン(凧を反らせる弓状のあれです)」を付けて


大凧完成( ^^)Y☆Y(^^ )




家の甥っ子達の凧です^^



去年は「メカニック」さんのところの「巨匠君」の大凧も上がりました!!

ここまで大凧の作り方をご紹介してきましたが、さらっと本番の流れをご紹介!!



土手に凧を運んで


人も歩いて行きます。


皆が掴まる綱を伸ばします。凧合戦ではこの「綱」が非常に大事です^^

なので、扱いは超丁寧に扱います^^/



「綱」と「凧」を合体させます!!





皆が掴まって


いよいよ、大凧テイクoff





無事にあがりました(笑)



風が無い、又は相手が来ないと掴まっている人たちは走り続ける事になります。


勝負にならずに走り切るとこうなります^^;

日頃の運動不足と飲みすぎを実感する瞬間です^^;;


しかし、合戦になると・・・。

違う意味で疲れます^^/



最近では上がっている凧同士が掛かる事が少なく、もっぱら川に落ちてから掛けるようになります

^^;





土手の上の風景です。工場長はココにはいつもいません!!



ここにも工場長はいません^^



この辺は主に観光客の方々が引っ張ってくれます**/



主に工場長はこの辺りでウロウロしてます。



勝負は土手の上はすぐ分かりますが、



土手の下では勝敗が分からないので、土手の上にいる人が色んなポーズで教えてくれます。

これは勝った時です^^/

そして、1日の終わりには子供からお年寄りまで皆で反省会が開かれます。

疲れた身体に麦酒が滲みるんですよね(笑)

ここでは汗をかいているのでいくらでも飲めちゃいます^^;



しかし、お開きになり2次会に行くと一気にアルコールが回り(目も周り(@@))ます。

去年は「お」フランステレビ局のTF1が取材に来てました。

はたして白根弁はフランス語に翻訳できたのでしょうか(??)



駆け足でご紹介してきましたが、凧の出来るまでと合戦の流れでした。^^

今年は「優勝して、ビールかけをしましたo(^-^o)(o^-^)o」って報告ができるように頑張ります!! 

皆さんも一度観戦しに来て見て下さい(^O^)/

もし、工場長を発見(@_@)しても景品はございません(笑)

ちなみに、このブログを見て、興味をもたれた方、上げてみたいと思われた方がいらっしゃいましたら工場長までお声掛けください。我が組はいつでも歓迎いたしますよ(^_^)/
 
2010年05月(9件)
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ページ上部に戻る